Beartooth Bサイドトラックの裏話とは

こんにちは Ikkiです

 

みなさんこの画像見たことあります?

 

 

ピコリーモの元祖的存在

Attack Attack!

の有名なPVのワンシーン

 

このがに股、このダサさ

たまらないですよね

 

ということで今日は

そんなAttack Attack!

最後のボーカリスト

 

Caleb Shomo率いる

ポストハードコアバンド

Beartooth

についてお話していきます!

 

BeartoothがB sidesをリリース

 

去年2018年に

新しいアルバムDisease

をリリースしたのも記憶に

新しいBeartoothですが

そのアルバムに入らなかった

 

Takeover

Messed up

この2曲がB sidesとして

つい先日リリースされました!

 

1曲目であるTakeover

 

 

イントロからガッツポーズ

したくなるようなザクザクの

ギターリフから始まり

 

疾走感と爽快感いっぱいで

最後まで駆け抜けていくような曲です

 

スクリームは抑えめで

サビもクリーンで

聞きやすいです

 

2曲目 Messed Up

 

 

叙情的な雰囲気からはじまり

壮大な展開をみせてくれます

後述しますが今までの彼らの曲には

ないメロディーで聴いていて

面白いですよ

 

暴れる感じではないですが

これはこれでいいです

 

Caleb Shomo がB sidesの裏話を暴露

 

B面曲2曲をリリースした

Beartoothですが

 

その2曲についての裏話が

LOUDWIREのインタビューで

明らかになりました

 

そもそもなぜ

この2曲がアルバムに

入らなかったのかですが

 

For me, Disease is very, very internal as

a record. Both of those songs are me looking

outward on the world and just talking about it,

so it didn’t quite feel right lyrically to go

on the album. And the songs are pretty

different, they’re both very experimental

for Beartooth songs.”

 

俺にとってDiseaseはとても内面的な

もので、この2曲はアルバムの外の

世界を向いていて、それについて

書いているんだ。だからアルバムに

入れるのは違うと思ったんだ。それに

今までの曲と違ってかなりBeartooth

にとって実験的な曲になったんだ”

 

B面曲というと

なにか駄曲なイメージが

ついてしまいがち←(わたしだけ?)

 

ですがCaleb

アルバムを1つの世界と

捉えて、その趣旨に

合わないから曲を

アルバムには入れなかったんですね

 

すごい当たり前のこと

なんでしょうが

 

こういう話を聞くと

アーティストなんだなと

しみじみ感心してしまいますね笑

 

Takeoverについては

腕を高くあげながら

 

anthemic, you’re not gonna take it”

アンセム的で我慢なんてするな”

 

というニュアンスの曲だと

説明しています

 

Messed up

いじめによる影響についてを

テーマとしている

 

I hear so many stories about that at shows…

It’s about the lasting effects that we can have

on other people depending on how we

treat them.”

 

ライヴで色んな人の話を聞くんだ

この曲はその人たちに出来る限り

長続きするような処置を与えられれば

と思ったんだ。”

 

 

Beartoothの存在意義とは?

 

記者の方はCalebに他にも

色んな質問をしています

 

・音楽をやっていなかったら何をやってた?

・フェスと箱でやるライブの違いは?

などなど

 

そして最後に記者は

メンタルヘルスの問題について

取り上げ、Caleb

・精神問題で苦しんでいる

 人たちにどんな言葉をかけますか?

という質問に対し

 

just keep the conversation going

とにかく会話を続けよう

と話しています

 

内にある溜め込んでいるもの

培ったもの、それらを話す

プレッシャーを外に出すこと方法を

見つけることが大事だといいます

 

さらにCaleb

that means a lot to me and then,

that’s why Beartooth exists. That’s the

whole points of every album. Pretty

much is like trying to understand

mental health.”

 

メンタルヘルスについて色々と

考えさせられる、だからBeartooth

存在するんだ。それが今までのアルバム

の共通のテーマにもなってるんだ

メンタルヘルスを理解しようってね”

 

正直、わたしは今まで

ハードコア系のバンドは

歌詞なんて全くみてなくて

のれればいいでしょ的な

考えだったのですが改めて

いきたいと思います笑

 

さらに記者の最後の質問では

 

ではセラピーとして有効なのは

常にBeartoothの曲を聴けばいいんですね?”

というジョークに

 

Caleb

 

はは、そうだね、跳びまわって

バカになったりするとすごく

気持ちいいぜ”

 

と気さくに答えてインタビューを

締めくくりました

 

インタビューをすべて聞きたいかたは

こちらに↓

 

 

みなさんもBeartoothの曲を

聴いて内にたまった鬱憤・・・

ぶちまけていきましょー!

 

わたしのお気に入り↓

ぶちあがりますよー

 

 

 

それでは!

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です