Slipknotの元メンバーChris Fehnが批判的なファンから新メンバーを擁護

 

みなさんこんにちはIkkiです

 

 

すっかり寒くなってきましたねー

 

 

みなさん風邪ひかないように

体調管理はしっかりおこなってくださいね

 

 

Chris Fehn 批判的コメントに一言

 

 

Slipknotの元パーカッショニストである

Chris Fehnが新パーカッショニストを

擁護するコメントがインスタ上で見つかりました

 

 

 

 

“Slipknotに戻ってきてくれ

トルティーヤ野郎は

すべてにおいてクソだよ

あいつの声もきらいだし

あんたが一番だ

またSlipknotとして姿をみせてくれ”

 

“彼を嫌いにならないであげてくれ”

 

 

訳すとこんな感じですかね

 

 

このtortilla guyというのがSlipknot

新しいパーカッショニストで

まだ名前も知られてない

謎に満ちた人物なんです

 

 

なのでファンが彼の風貌から

Tortilla Manとあだ名をつけたみたいです

 

 

右がTortilla Manです

 

 

トルティーヤはスナックでも知られる

あのトルティーヤでとうもろこしで作る

ナンのような薄焼きパンのことです

 

 

ファンの方センスいいですよね笑

ちなみに本人も気に入っているのか

ライブでマスクの代わりに

本物のトルティーヤを顔につけて

メンバーにかじられる愉快な一面も

 

 

 

 

話が少し逸れましたが

Chris Fehnの現メンバーを

かばう姿勢はプロとしてさすがの一言ですね

 

 

後述しますが

ChrisSlipknotに対して

訴訟も起こして

おそらくかなりギスギスして辞めたはずなのに

 

 

それでもこんなコメントが

出来るのはすごいですよね

 

 

なぜChris Fehnは脱退したのか?

 

 

Slipknot1998年から約20年間

パーカッショニストとして

活動を続けてきたChris Fehnですが

 

 

今年20193

VoであるCorey Taylor

GtShawn “Clown” Crahan

 

 

breached their fiduciary duties

信用上における職務を侵した

 

 

としてバンドメンバーを訴えました

話をざっくりまとめると

 

 

Chrisの知らないところで

Slipknot関連の会社が複数出来ている

賃金がメンバー全員、均等に与えられて

いないのではないかと疑いを持つ

会社の情報を開示するよう求めるが却下

バンドメンバー、マネージャー、関連会社を

相手どり訴訟を起こす

 

 

といった流れみたいです

 

 

そしてここからかわいそうな話で

バンドマネージャーの話によれば

 

 

Chrisはバンドの所有権のようなものを

持っているわけではなく

Slipknotから雇われているような

雇用形態であると主張しているのです

 

 

契約上どうなっているのかわかりませんが

もしこれが本当だとしたら

裁判で勝つのは難しそうですよね。。。

 

 

それでは!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です