Chunk! No, Captain Chunk!が今年帰ってくる!?

 

 

みなさんこんにちはIkkiです

 

 

先日、ご紹介した

Fearless Recordsによる

ライブストリーミングイベントは

ご覧になりましたか?

 

 

たくさんのアーティストの

アコースティックライブや

自粛の中でどんなことを

行っているかなど

 

 

内容が盛りだくさんで

とても充実していました!

 

 

個人的にはAs It IsのSoapを

アコースティックで聞けたのが

よかったですねー

 

 

あ、Taylor Momsenもよかったなー

まさかFearless Recordsに

移籍するとは思いませんでした

 

 

Youtube上にフルで

タイムラインが残っているので

みなさんぜひみてください!

 

 

 

 

そしてそんな盛りだくさんの

内容のなか、一際目を引く

ものがあったので今日は

そちらをご紹介!

 

 

 

Chunk! No, Captain Chunk! 活動再開!

 

 

私がライブストリーミングを

視聴して2時間と少し経ち

Plain WhiteT’sの

Hey There Delilahを聞いて

切なさと懐かしさで

胸がいっぱいになっている頃

事件は起きたのです…

 

 

突如画面にイヤホンをした

幼い顔した男性が映し出され

なんかどっかで見たことあんなー

と思っていると…

 

 

Hey Guys!,

It’s Bert from Chunk! No, Captain Chunk!

 

 

えええええ!?

CNCCじゃん!!

生きてたんかー!

 

 

話を聞いていくと

実は今年のいくつかのフェスに

出演する予定だったとか

(コロナによる中止)

そして

 

 

”I have big news and I am incredibly excited

to share with you that we are currently and 

actively  working on new materials that

will probably be released later this year.”

 

 

”ビッグニュースがあって、みんなに

シェアするのが楽しみだったんだ。

今、新曲を作っていて今年中には

発表できると思うよ。’’

 

 

もうね、懐かしさと嬉しさで

あたしゃー幸せですよ

 

 

にしても今年はほんと

すごいですねー

 

 

マイケミやRATMの復活など

コロナさえなければ

とんでもない一年に

なってたのになー

 

 

Chunk! No, Captain Chunk!とは

 

 

CNCCとは、と

書かせていただきましたが

このバンドを説明するのって

難しいんですよね

 

 

ポップであり、パンクであり、

ハードコアでもある

なにかに例えるなら

New Found Gloryにブレイクダウンを

混ぜた感じというのが

わたし的にしっくりくる

表現ですかね?

 

 

その00年代のポップパンクと

ハードコアをミックスさせた

独特の音楽性からポップコア、

イージーコアなんて

呼ばれたりもしています

 

 

日本人向けな明るい曲が多く

とってもおすすめですよ!

 

 

 

彼らの記念すべき

ファーストシングル

 

 

 

 

現状、一番最新のシングル

彼らのポップさを加速させつつ

ブレイクダウンでしっかり

落としてくれる

個人的に一番好きな曲!

 

 

 

みなさんいかがでしたか?

 

 

CNCCの今後の活躍が

見過ごせないですね!

 

 

それでは!

 

おすすめ

2件のフィードバック

  1. アオノリ より:

    今更この記事を見かけて知りました。以前CNCCが沼津に来た時、「もしかしたら日本にはもうこれないだろう」と発言した噂が流れたので心配でした。
    LANDMVRKSも好きですがCNCCでのポールまた見たいです😭

    ありがとうございます

    • ikki より:

      コメントありがとうございます!
      お役に立てたならなりよりです
      昔そんなこと言っていたんですね…
      日本に来るのはまだまだ先かもですが
      新曲など楽しみに待ちたいですね!

アオノリ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です